世界のマキタ

シェアハウスアイドル”世界のマキタ”のブログ

1人暮らしで狭いと悩んでいる人へ。同じ家賃で広い部屋に住む方法とは?

スポンサーリンク


f:id:sekainomakita:20171106174155j:plain

 

こんにちは、シェアハウスに3年以上住んでいるシェアハウスオタクの世界のマキタ(@sekainomakita55)です。

 

一人暮らしをしてる方なら誰でも一度はこんな悩みを持つのではないでしょうか?

 

  • 部屋が狭いからずっといると窮屈に感じる
  • ワンルームだからリビングが欲しい
  • キッチンがもう少し広ければもっと料理がしやすい

 

特に都心近くで一人暮らしの場合は家賃が高いため、我慢して狭いワンルームタイプのマンションに住んでいる方が多いのではないでしょうか。

 

そんな方々に、同じ家賃もしくはもっと安い金額を払うにも関わらず、広いリビングや広いキッチンなどを手に入れる方法について解説していきます!

 

 

1人暮らししてるけどせまい・・・解決する方法はシェアハウスに住むこと!

f:id:sekainomakita:20171106175508j:plain

 

一人暮らがせまいと感じてる人へ。同じ家賃で広い部屋に住む方法・・・

それはシェアハウスに住むことです。

 

なぜならばシェアハウスには自分の個室の部屋以外にも、広くておしゃれな共有のリビングルームや使いやすいキッチンが備え付けられていることがほとんどです。

 

寝たり着替えたり一人になりたい時は自分の個室に居て、

    • 気分転換したい時
    • 広々したリビングでゆったりご飯を食べたい時
    • 友達とわいわいしたい時

などは共有の広いリビングやキッチンに行くなど、自分の気分や用途によって使いわけることができます。

 

シェアハウスなら安い家賃で広いリビングを手に入れることができる

f:id:sekainomakita:20171106180339j:plain

 

もし普通の賃貸で一人暮らしにて同じ広さのリビングやキッチンを手に入れたかったら、高いお金を払って広い部屋を借りたり買ったりしないといけません。

 

広ければ広いほど家賃が高くなります。

 

学生や社会人になりたての方はそんな余裕ありませんよね・・

 

しかしシェアハウスに住めば、今と同じ家賃、もしくはそれより安い金額で広いリビングやキッチンを手に入れることができます。

 

なぜならばシェアハウスの家賃の価格はリビングの広さには比例していません。

立地で相場が決まっていることがほとんどなので、もし安いけど広いリビングを手に入れたい場合はすごくいい立地を外しさえすれば、希望のリビングがあるシェアハウスは見つけやすいです。

 

入居者数が多ければ多いシェアハウスほど、リビングやキッチンが広いことがほとんどなので、広くて設備が整っているリビングを手に入れたれば大規模のシェアハウスに住んでみましょう。

 

100人規模のシェアハウスには広いキッチンの中にシンクやコンロが4か所あるため、友達と楽しく料理することもできます。

f:id:sekainomakita:20171106180839j:plain

 

広いリビングがあれば友達を気軽に呼んだり、住人同士コミュニケーションができる

f:id:sekainomakita:20171106181724j:plain

 

マキタが一人暮らしをしていた時は狭いワンルームだったうえに、片づけられない女子だったので部屋は散らかっていて、とてもじゃないけど人を呼べる環境ではありませんでした。

 

しかし、シェアハウスに住んでいたら自分の個室がいくら散らかっていても共有のリビングルームがあるため、そこになら気軽に人を呼ぶことが出来ます。

 

基本的に共有のリビングルームには私物を置くことが禁止されているため、いつも広くてきれいな状態が保たれています。

 

また、住人同士大勢で集まってご飯を食べるなどの何気ない日常もとても楽しいです。

f:id:sekainomakita:20171106181634j:plain

 

先日は50人規模のハロウィンパーティーイベントもありました!

f:id:sekainomakita:20171106184530j:plain

 

シェアハウスのリビングには、いろんな用途がありますね!

 

実際のシェアハウスのリビングの様子を紹介します

f:id:sekainomakita:20171106175915j:plain

f:id:sekainomakita:20171106183551j:plain

 

例えばここのシェアハウスはリビングにすごくこだわっていて、おしゃれなつくりです。

和室にビーズクッションがありのんびりできたり、カフェに来たみたいな気分になれるチョークアートがあったり、なんと中庭にはハンモックもあったりします。

f:id:sekainomakita:20171112005339j:plain

 

一人暮らしだったら高いお金を払わなければ手に入らない設備だらけですし、家にいながらにしてカフェ気分を味わえるからカフェ代は浮きそうですね!

 

このシェアハウスについては別で紹介記事を書いているので、もっと詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

【シェアハウス紹介】憧れの街でおしゃれライフを満喫!「わびさびハウス自由が丘」に住んでみた - 世界のマキタ

 

マキタが2年半住んでいたシェアハウスのリビングはこんな感じ

f:id:sekainomakita:20171112005740j:plain

f:id:sekainomakita:20171112005751j:plain

f:id:sekainomakita:20171112005758j:plain

f:id:sekainomakita:20171112005805j:plain

 

マキタは色々なシェアハウスに住みましたが、一番長く住んでいたシェアハウスはすごくアットホームな雰囲気のリビングでした。

 

ホームパーティーしたり、シェアハウスの番組「テラスハウス」を見たり、サッカーゲーム「ウイニングイレブン」をしたりしたのはいい思い出です。

 

せまい部屋で1人暮らししたくない!という方には、シェアハウスがおすすめ!

f:id:sekainomakita:20171106181012j:plain

 

シェアハウスに住めばお得に広いリビングやキッチンを手に入れられることについて解説しました。

 

マキタがシェアハウスの運営会社で働いていて、料理好きな女の人に物件を案内していた時に実際に聞いた声がこちらです。

「広いキッチンがほしいけど、キッチンを広くすると家賃も比例して高くなる。だからシェアハウスを探している」

 

シェアハウスは人と交流が主な目的だとよく考えられていますが、広いリビングやキッチンなど充実した設備を目的として引っ越しされる方も少なくありません。

 

ぜひ、「狭い一人暮らしが嫌になったけど高い家賃は払いたくない」そんな方は一度シェアハウスに住むことを検討してみてはいかがでしょうか。

 

もしシェアハウスに興味を持って引っ越そうかなと思った方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください。 

7つの物件に住んだ経験のあるマキタが教える、シェアハウスを探すうえで大切なたった1つのこと - 世界のマキタ